パワーストーンで運気を整える「厄除け」/遮蔽方式

他者(人・動植物・霊体・妖精など)から自然エネルギーによる影響を受けることによって自分自身のエネルギー バランスが崩れてしまうことも「厄・不運」を招く大きな要因のひとつとなります。

このようなケースでは他者からのエネルギーの影響を「遮蔽する」ということも有効な方法となり「厄除け」 となります。



◇スポンサードサイト


「他者」からの影響

「人」に限ったことではありませんが、この世に生きている生命たちは皆「他者」との関係性の中で生きて います。逆にいえば、「他者」との繋がりなくして生きていくことはできないということです。

この「他者との繋がり」とは、自然エネルギーの観点でいうとお互いに持っている自然エネルギーによる 影響を受けあっていることといえるのではないでしょうか。「エネルギーの相互交換」もあれば、「一方的な 自然エネルギーの影響」「お互いのエネルギー同士の反発」など様々な作用が存在しています。

「影響」の内容としては、とても良い効果を得られるものもあれば、逆に悪い効果が発生してしまうもの が存在しています。「エネルギーの質・強さ」「互いのエネルギー相性」などその時々の相互間でのエネルギー バランスによって、効果は異なったものになってくるのです。

ここでは「悪い影響がでている」「効果として悪い内容があらわれてきている」と感じるような場合に パワーストーンを活用して、自分自身の自然エネルギーバランスを整えるためのひとつの方法が「遮蔽」と なります。

パワーストーンで他者からの自然エネルギー影響を受けなくする方法

「他者」からの影響が強く、自分の自然エネルギーバランス乱れてしまっている・・そんな状況の時には 他者からのエネルギーの影響を受けなくする(遮蔽)ことが有効な手段となります。

具体的な方法としては下記のようにいくつかの方法が存在しています。状況やエネルギーの種類などに あわせて方法を選択するといいのではないでしょうか。

自分の【主】エネルギーを強化して他者からの影響を拒絶する方法

自分の【主】エネルギーエネルギーを増強することによって、他者からの影響(エネルギー)を撥ね返す ことによって、悪い影響を受けないようにする方法です。ある意味「力技」な手法かもしれませんね。 とはいえ、他者から受ける自然エネルギーの種類・性質なとが不明瞭な場合にはとても有効な手法となります。

ただし、相手側には「威圧感」「拒絶感」といったものが伝達される可能性が高いということが特徴と してあることを覚えておいていただければと思います。。ですから、そのような感覚を伝えることが有効となるような状況(例えば、人や動物などの強い念 を受けている、とか霊体の悪い念を受けているといったような場合)の時に効果的な手段となるのではないでしょうか。

他者からのエネルギーと同属のパワーストーンの中に蓄積・浄化する方法

これは他者から影響を受けている自然エネルギーの種類が「推定」されるときに有効な方法となるのですが、 他者からの自然エネルギーと同じ種類・属性のパワーストーンの中にそのエネルギーを閉じ込めてしまい(蓄積)、 その後石もろとも浄化してしまうといった手法となります。

この方法の特徴としては、影響を与えている他者には”何も気づかせず”に対応できるということです。 自分にとって、大切にしたい他者(相手)であっても自分のバイオリズムによっては、その他者からのエネルギー が良くない影響として表れてしまうというような場合も多々あるものです。そんな時にこの方法を活用することに よって互いの関係を損なうことなく対処できるのがポイントとなります。

他者からのエネルギーに対して直接「浄化」「抑制」の力を対峙させる方法

他者から受けている自然エネルギーに直接的に働きかけて、そのエネルギーを弱め・浄化させてしまう方法です。 具体的な方法としては大きく2種類に分類することができます。

1)強い「浄化力」のエネルギーを有したパワーストーンを活用する手法。

具体的には、他者からのエネルギーそのものを消滅させてしまうよな「浄化力」を発揮することができる 「水属性のパワーストーン」を活用する方法と他者からのエネルギーを穏やかなものに変化させてしまう(質の変化) といった意味での「浄化力」を持っている「風属性のパワーストーン」を活用する方法があります。 どちらも共通して、もともと強いエネルギーを有している石を活用する必要があります。

.

2)他者のエネルギーに対して「抑制関係」にあるパワーストーンを活用する方法。

「火⇔水」「土⇔金」の抑制関係となる組み合わせのパワーストーンを活用して他者からのエネルギーを弱める 方法です。この場合も強いエネルギーを有しているパワーストーンを活用する必要があります。

上記2つの手法に共通して「強いエネルギーを有した石」を活用しますので、自分自身にもその影響があることを 認識しておくことが重要です。毎日身につけて活用するというのではなく、期間を限定して活用するように心がけて おくといいのではないでしょうか。


◇スポンサードサイト